9日ぶり・・・

前回から10日近く経ってしまった。

これ以上放っておくと、めんどくささに拍車がかかり、もうずっと更新しない…なんてことになりそう…。

 

というわけで、自分の脳みそのために更新。

 

一昨日、ルイと名付けられた嵐がベルギーにもやってきました。

その日はブリュッセル首都圏政府から、「17時に森が閉鎖されます」という要注意警報がSMSで送られてきました。

それで17時頃、外はどんな感じかしらとみてみると、2重に虹がかかってました。

おおおおっと思いフォト ↓ 。

 

FBにRTBFがやってる Ciel partagé (空をシェア)というグループ(メンバーおよそ12万人)があり、そのグループの多くの人たちが虹のフォトをアップしてました。

私が撮ったのはもう薄くなり始めたときみたいで、きれいなのがいっぱいあったので、そのうち少しだけ紹介したい。

それにしてもものすごい広範囲で、同じような二重の虹が見られたのね、と驚いたのである。

 

ブリュッセルを南に出た仏語圏ブラバンに住む Patricia Jourez さんという方がアップしてた。

ジャンヴァルのブドウ畑。

 

さらに南西に行って、もうフランスとの国境がすぐそこの場所で。

Julie Legrain という方が撮影したもの。

 

これはブリュッセルの北の端で撮影されたもの by Annette Degroote さん。

 

虹を見るとなんで嬉しくなるんだろ。不思議だ。

 

そしてこの時から1時間ほど過ぎたら嵐がやってきた。

短時間で去っていきましたが、フランダースの方では大きな被害が出たところもあったようです。

 

 

最近のニュース。

 

ウクライナ、ロシアが侵攻してまる2年。

ウクライナの人たちの疲弊もピークという感じです。

前線の兵士が不足しているらしいけど、進んで死ぬかもしれない前線に行くひとはいませんしね…。

リクルートされたくない方たちにインタビューしているのをニュースで見ました。

 

今朝EUコミッションのウルスラさんとベルギー首相がキエフ入り。

www.rtbf.be

 

ロシアといえば、アレクセイ・ナワリヌイ氏が亡くなりました。

この方のお母さんが話しているのをニュースで見ましたが、息子さんの遺体にも会わせてもらえないそうです。

セレモニーも勝手に済まされそうな勢い、許すわけにはいかないとおっしゃっていました。

彼のパートナーさんはEUにやってきて話をしていましたが、それに関してベルギー在のニッポン人の方が、「不倫中の彼女が・・・」と彼女を批判する言葉をFB上でアップしていて、「げええええっ、どこかの国のTVのワイドショーレベルの気持ち悪い発言ね」と思ってしまった…。

トランプが「自分もナワリヌイと同様だ」などと発言している記事も見かけました。

何言ってるの?と思ってしまった。

何でも速攻で利用するのね…。

少し前にNATOに関して過激な発言をしていましたが、彼自身はそうやって目立つことが目的なんでしょうが、大統領になったらそのまわりには本当にそういう考えを持つ頭のいい者たちが集まるわけで、いろいろと怖いことです。

 

報道されるガザの様子も悲惨すぎて、なんでこういう事態が許されるのかと思わないではいられません。

ネタニヤフはこの事態が治まれば、それこそ裁かれる立場になるので後に引けないってこと?

 

 

以前に何回かここに記した、6月の選挙までの特集「もし私が首相だったら…」ですが、今週のテーマは「雇用」でした。

特に人手不足が激しい建設業界の方たちを取材してました。

 

 

気が滅入るようなニュースがいっぱいです。

子供たちがいつでもこんな風に笑っていられる世界だったらいい。心和むフォト。

でも、撮影されたのは1941年、けっして平和な時代ではないんですよね。

子供の時ユダヤ人であるゆえに大変な思いをしたAharon Appelfeldの、「子供だったんですね、森で遊んだ記憶があるんです」という言葉を思い出した。

Friends in Paper Bags
Helsinki
(1941)

 

 

レオくんのパパであるイヴァンさんはプロの作曲家で、映画音楽の作曲もやるんだけど、彼が音楽で参加した作品が、マラガの映画祭で上映されます。

ものすごく嬉しいみたい。

そのうちニッポンでも上映されるのかな?

これです。

スペインでは3月22日に公開される。

私は体力的にもうこういう作品は見たくないので、ベルギーで公開されても行かないと思う。すみません、イヴァンさん。

Tráiler oficial de la película 'La abadesa', dirigida por Antonio Chavarrías.

www.youtube.com

 

王立図書館とBOZARで、それぞれ観たいエクスポジションが始まってる。

アンドレ・ブルトンマニフェストから100年経ったのね。

私は個人的にブルトンは好きじゃないけど、ベルギーのシュールレアリズムの人たちは、そこから距離を置いてました。

 

www.kbr.be

www.bozar.be

 

これ、おもしろかった。

www.arte.tv

 

 

ときどき長女くんからSOSが届くので、そのときはチビ太のところに行きます。

彼女が動かないといけない用事があるときは身軽な方がいいので、私がチビ太とお留守番なのです。

ジョヴァンニは2か月の育休のうち半分を消費したところで仕事に復帰、残りの1か月は来月上旬からひと月イタリアに親子3人で出かけることで消費するそうな。

そういうわけで、イタリアに出かけるまで私も駆り出されるわけです。

生まれて2か月ちょっと経ちました。見るたびに成長してます。

イタリアから戻ってくる頃はもっと成長してるんでしょうね。

1分1秒の価値がバーチャンとは大違い。

すごいな、と思う。

長女から「ママはひとりで3人も育てたのよね。どうやってたの?」と聞かれました。

はい、どうやったかなんて、なーんにも覚えてません。笑

たぶんタイヘンだったんでしょうけど、そんなこと全く覚えていない。

笑ったことはいっぱい覚えてるけど。

父親は仕事がらほとんどベルギーにいませんでしたしねえ。

目の前にある「やるべきこと」を、優先順位に一つずつクリアしただけ、なんですよね。

覚えてないけど、よくやったぜ!笑

 

 

10月に2~3週間くらいニッポンにいくつもりです。

9月が第3四半期の〆の月で、会計上いろいろめんどくさいのが10月初め、9月下旬の友人のエクスポジションに合わせようとすると調整が困難、東京で彼女と合流すると楽しいと思ったんだけど、それにこだわるとニッポンでゆっくりできないことになる。

前倒しにすると9月、ニッポンは暑そうだし(寒いのは平気だけど暑いのはもう耐えられそうにない)、苦手なクモにも遭遇しそうだし(これも耐えられそうにない)、もうそのエクスポジションをパスすることにしました。

 

今持ってるパスポートが5月で切れるので、新しく作ろうとコミューンに行ってきました。

パスポートないと航空券も買えませんから。

それでパスポート用のフォトを撮ったのだけど、7年前のと比べると、当然ながらしっかり老けてる!

本人は変わったつもりなかったのだが、1分1秒の価値、赤ん坊ほどではないとはいえ、それなりでありますね。ははは。

 

 

 

ここ数日間のこと メモ

天気は良かったり悪かったり、でも日が確実に長くなってる。

 

私の記憶では、いつもこのカーニヴァルの時期ってむちゃくちゃ寒かったんだけど、ここ数年はそういうこともなく、今日も朝から10℃超え。

 

カーニヴァルってニッポンの節分みたいだなあ、と思う。

冬はそと、春はうち。

 

一昨日は寒くないし青空だしで、嬉しくなってついフラフラと街に繰り出しました。

チョコ屋さん、ビスケット屋さん、スーパーのお菓子売り場、などなど、すでにイースターの商品が並んでました。

 

こんな天気だった。

せっかく街に繰り出したし、チビ太用に何か買ってあげたいな、と思ったのだけど、赤ちゃん向けの衣類や玩具は、それを買う大人が喜ぶようにできていて、ほんとに赤ちゃんが喜ぶかどうかは不明。

まだ視力も発達してないときには、淡い優しい色どりのものなんて見えないんだそうです。

黒・白のコントラストがはっきりしているのがいいらしい。

 

うちにあるヴィクトル・ヴァザルリの作品みたいなのがいいんだよね。

こういうの ↓ 

そういうのは全く見つからなかった。

なんだかんだ言ってもちゃんと皆育つので、あんまり気にしなくとも…と思うのだけど、ただもしそういうのが見つかったら、「白・黒の玩具ってけっこうかっこいいじゃん」と欲しくもあり、少しだけ残念でありました。

 

 

前回書いた王立アカデミーの Le libre examen ですが、先週の2回目はキリスト教における話で、エラスムス、ルター、アビラのテレサの話でありました。

ふたりいた講師のおひとり、リエージュの司教様が話されたことがおもしろかった。

でも、どんな風におもしろかったか、1週間経った今、自分の書いたメモを見返さないと何も思い出せない…。

 

昨日の3回目、イスラム教における話。

コーラン史の分野では著名な学者さんの話と、それに続いて、同じくコーラン史のもう少し若い学者さんとの対話、という形式の講演。

もともと知識が乏しいので、事実関係の把握が私には難しく、ちゃんとしたメモができるほどわかりませんでしたが、ところどころ「おおおおっ」と感じる言葉もありました。

(例えば、他の宗教も同様だが、イスラム教は、戦争や飢餓、疫病と言ったヴァイオレンスの時代に生まれたもの、従ってヴァイオレンスを内包する、とか、コーランの中の言葉には、他の言語体系から引用されアラブ語として定着したものがある、とか、スーフィズムにも多様な流れがある、だから理想化するべきではない、とか、いろいろ)

昨日自分が書き留めたことを読み返し、今日に備えて復習しておかなければ…。

今日は4回目、デモクラシーの中のLe libre examen ということで4人の学者さんたちの会話になります。

 

 

動画やフォトを貼っておく。

 

うわお、と思った。

Rembrandt

 

 

これも、うわお、と思った。

ジョークじゃないところが怖い。

以前視聴したドキュメンタリーで知ったのだけど、アギーレの撮影の時、インディオの人がヘルツォークに「よかったら(キンスキーを)殺してやろうか?」と持ち掛けるくらいすごかったらしい。笑

でも女性には優しくて、そのドキュメンタリーの中で共演したことのあるクラウディア・カルディナーレは「とても優しかった」と言ってました。

Werner Herzog and Klaus Kinski on the set of Cobra Verde, 1987.

 

 

笑った。

インタビュアー泣かせのダリ。

De nombreux journalistes se sont prêtés à l’exercice d'interviewer Salvador Dalí… parfois avec difficulté !

www.facebook.com

 

セイジ・オザワが亡くなった後、あっちでもこっちでもオマージュを見かける。

一つだけ貼っておこう。

Disparu la semaine dernière, Seiji Ozawa était l'un des plus grands chefs d'ochestre japonais du XXeme siècle. Hommage par Lionel Esparza.

www.facebook.com

 

 

ちょうど最近この方がおっしゃっていたことを思い出す機会がいっぱいあったので。

www.facebook.com

 

 

美しいフォト。

 

Edouard Boubat (Français, 1923-1999), Remi écoutant la mer, Paris, août 1995

 

 

来年から5年間、改修工事でポンピドゥーセンターが閉館。

ホントは去年から閉館の予定だったけど、オリンピックでやってくる人々の入館を見込んで時期が延期になったらしい。

閉館中、そのコレクションの一部はグランパレにお引越し。

この記事読むと、グランパレも今工事中なのね。

www.rtbf.be

 

 

やはり悲しい

前回のメモからまだ2日しか経ってないけど、いっちょまえにショックを受けたので、メモ。

 

お二人の訃報です。

人が死ぬのは生まれたときから当たり前なんだけど、やっぱり悲しい。

 

ロベール・バダンテール

大戦後の最も偉大な法律家・ユマニストのひとりが亡くなった、というニュース。

一番有名なのは、フランスでの死刑廃止における貢献でしょうね。

この方なしで実現しなかったと思う。

この方のディスクールは、ほんとにこの方の言葉であって、まっすぐ聴いている者に届く、って感じがします。

この方が、自身の理想を持ち、はっきりしたヴィジョンを持って闘っているのが伝わってくる。

DSK(ドミニク・ストロース・カーン)が米国でのレイプ事件というスキャンダルを起こした時、TVのニュースでかばっているのを聞きましたが、それもこの人が言うと、友として信頼してるんだな、と、ちっとも不快じゃなかった。

(それにしても、DSKはバカだな、と思いました。大統領になるのに最も近いくらいのポジションだったのに、オンナ好きもここまでいくとねえ…。米国籍も持っている妻のアン・サンクレールに救われ、その後はもう姿を見かけなくなりました。)

www.rtbf.be

 

小澤征爾

まだニッポンに住んでいた大昔、「僕の音楽武者修行」でしたっけ、エッセイを読んで大好きになりました。

生で演奏を聴いたことはありません。

(長崎の原爆の日のセレモニーで、この方指揮の演奏を生で聴いた友人は、神がかりだと思った、と後で言ってました。)

でも、生でこの方にお会いしたことはあります。

当時住んでいたド田舎の自宅からそれほど遠くないところにあるお城で、既にプロとして活躍している若いミュージシャン向けのスタージュ(ニッポン語でなんといっていいのかわかりません。集中講義みたいなレッスン。)のためにいらっしゃったとき。

どういう経緯でこの授業を知ったのか忘れたけど、うちの3人娘(まだ小学生)も音楽やってるし、偉大なる指揮者に会わせてあげたい、こんな機会は滅多にないだろう、と思ったミーハーなバカ親はそのお城に出かけたわけです。

父親が持つジャーナリスト・カードで入れてもらった。

(親子5人全員そろってる状態でジャーナリストって・・・笑 今思えば、よく入れてもらえたよね。)

ご本人にお会いして挨拶しました。

うちの子たちと、おしくらまんじゅうで遊んでいただきました。

だから何?って感じの、超ミーハーな、でもありがたい思い出です。

www.radiofrance.fr

 

 

さて、昨日からの大きなニュース。

フランスのミネラル・ウォーターVittelやPerrierですが、水源の汚染ゆえに、3年前から浄化したものを売ってた、というスキャンダル。

フィルターを通し浄化した時点でミネラルウォーターではないわけです。

それを瓶詰めして売ってたわけで、違法行為。

水道水をミネラルウォーターと偽って高く売った、って感じ。

VittelやPerrierは、大嫌いなネスレなので私はずっと前から避けてましたが、買ってた人は騙されていたので怒ってるでしょう。

法的にどういう罰が課せられるのかな?

www.rtbf.be

 

 

 

きれいなフォトを1枚貼って、今日のメモおしまい。

 

"Psyché ranimée par le baiser de l’Amour", marbre d'Antonio Canova, 1777.

 

やはり悲しい

前回のメモからまだ2日しか経ってないけど、いっちょ前にショックを感じたので、メモ。

 

お二人の訃報です。

人が死ぬのは生まれたときから当たり前なんだけど、やっぱり悲しい。

 

ロベール・バダンテール

大戦後の最も偉大な法律家・ユマニストのひとりが亡くなった、というニュース。

一番有名なのは、フランスでの死刑廃止における貢献でしょうね。

この方なしで実現しなかったと思う。

この方のディスクールは、ほんとにこの方の言葉であって、まっすぐ聴いている者に届く、って感じがします。

この方の理想とするヴィジョンがはっきりとあり、そのために闘っていることが伝わってくる。

DSK(ドミニク・ストロース・カーン)が米国でのレイプ事件というスキャンダルを起こした時、TVのニュースでかばっているのを聞きましたが、それもこの人が言うと、友として信頼してるんだな、と、ちっとも不快じゃなかった。

(それにしても、DSKはバカだな、と思いました。大統領に最も近いくらいのポジションだったのに、オンナ好きもここまでいくとねえ…。米国籍も持っている妻のアン・サンクレールに救われ、その後はもう姿を見かけなくなりました。)

www.rtbf.be

 

小澤征爾

まだニッポンに住んでいた大昔、「僕の音楽武者修行」でしたっけ、エッセイを読んで大好きになりました。

生で演奏を聴いたことはありません。

(長崎の原爆の日のセレモニーで、この方指揮の演奏を生で聴いた友人は、神がかりだと思った、と後で言ってました。)

でも、生でこの方にお会いしたことはあります。

当時住んでいたド田舎の自宅からそれほど遠くないところにあるお城で、既にプロとして活躍している若いミュージシャン向けのスタージュ(ニッポン語でなんといっていいのかわかりません。集中講義みたいなレッスン。)のためにいらっしゃったとき。

どういう経緯でこの授業を知ったのか忘れたけど、うちの3人娘(まだ小学生)も音楽やってるし、偉大なる指揮者に会わせてあげたい、こんな機会は滅多にないだろう、と思ったミーハーなバカ親はそのお城に出かけたわけです。

父親が持つジャーナリスト・カードで入れてもらった。

(親子5人全員そろってる状態でジャーナリストって・・・笑 今思えば、よく入れてもらえたよね。)

ご本人にお会いして挨拶しました。

うちの子たちと、おしくらまんじゅうで遊んでいただきました。

だから何?って感じの、超ミーハーな、でもありがたい思い出です。

www.radiofrance.fr

 

 

さて、昨日からの大きなニュース。

フランスのミネラル・ウォーターVittelやPerrierですが、水源の汚染ゆえに、3年前から浄化したものを売ってた、というスキャンダル。

フィルターを通し浄化した時点でミネラルウォーターではないわけです。

それを瓶詰めして売ってたわけで、違法行為。

水道水をミネラルウォーターと偽って高く売った、って感じ。

VittelやPerrierは、大嫌いなネスレなので私はずっと前から避けてましたが、買ってた人は騙されていたので怒ってるでしょう。

法的にどういう罰が課せられるのかな?

www.rtbf.be

 

 

 

きれいなフォトを1枚貼って、今日のメモおしまい。

 

"Psyché ranimée par le baiser de l’Amour", marbre d'Antonio Canova, 1777.

 

Le "libre examen" と白雪姫

今日は王立アカデミーに行く予定があるのみなので、今のうちに備忘録を更新。

 

そういえば最近、毎日4分ずつ日が伸び始めましたよ。嬉しい。

 

というわけで、メモ。

 

 

昨日ニュースで知って、へえええええっと思ったこと。

これ ↓ 。

白雪姫のモデルになったドイツの美しいお姫様、ブリュッセルに送られ、フランシスカ修道院に入り21歳で亡くなった。

亡骸はその修道院の教会に埋葬されたそうなんだけど、今でもそこで眠っているらしい。

その場所が現在の証券取引所のところ。

(もうかなり前から証券取引所としては使われてはなくて、現在はベルギービールがいろいろ飲める場所になってる。入ってみようと思わないのでどんな感じか不明。証券取引所だったころは、文化遺産の日に入ったことある。ロダンがかかわったでっかい作品がある。1870年代の創建当時、ブリュッセルに住んでたロダンも、内装・外装にかかわったので。)

発掘された古い部分の一部、ちょうど教会部分が歩道から少しだけ覗けるようにしてあるんだけど、まさか「白雪姫」もそこに眠る一人だったとは…、うわああああ、興味深い!と思っちゃった。

www.rtbf.be

いろんな伝承には、それぞれモトになった事実があるわけで、グリム兄弟がまとめた語り継がれたお話の中の白雪姫も、そのモデルが、上述したお姫様、マルガレータ・フォン・ヴァルデックであろうと言われているんだそう。

 

>Margaretha Von Waldeck est la fille d’un prince protestant, nous sommes après la bataille de Mühlberg où les Protestants ont été battus et le Duc de Hesse a été emprisonné. Le père de la princesse est un vassal du Duc de Hesse et on présume que c’était peut-être pour une opération de charme qu’il a envoyé sa très belle fille à la cour de Marie de Hongrie, la sœur de Charles Quint, qui gouvernait la Belgique à l’époque"

 

>Ce qu’on sait, parce qu’ils le disent eux-mêmes, c’est que les frères Grimm, quand ils ont créé ce conte, se sont basés sur une tradition orale qui existait dans cette partie de la Hesse. Le chercheur allemand a commencé à s’intéresser à l’histoire de cette fille et a été frappé par le nombre de parallélismes entre la vie de cette fille et d’autres éléments dans la région et le conte tel que nous le connaissons maintenant

 

今も発掘は続いているんだけど、人骨も1000体以上あるので、そのお姫様が「これだ」と特定できるかは???だそうですが。

歩道から覗けるようになっているところから見た人骨のフォト、以前撮って保存したつもりだったので、探して貼りつけようと思ったけど見つけられず。

 

 

昨日は王立アカデミーにコンフェランスを聴きにいきました。

テーマは Le "libre examen" で4回シリーズ。

今日が2回目で、来週の水・木曜日に続きます。

私が Le libre examen という言葉を知ったのは、大戦中にレジスタント活動を行った自由大学の Groupe G を知り、このグループのメンバーは Libre exaministe だった、と読んだ時。

あらゆるドグマにとらわれず検証するという科学・哲学の在り方です。

思えば自由大学の「自由」は、この意味なんですよね。

古くはアリストテレスもこの言葉を使っているのだけど、確立されるには啓蒙思想の時代を待たないといけない。

Groupe Gについては、何回かここに記したので、ちょっと思い出そうと掘り起こしてみた。

shohoji.hatenablog.com

shohoji.hatenablog.com

shohoji.hatenablog.com

 

そういうわけで、この思想についてもうちょっと詳しく知る機会だと思い、聴講を申し込んでいたのである。

 

昨日の第1回が概論でした。

今日はクリスティアニズムとの関わりについて、来週の水曜日がイスラム教との関わり、木曜日がデモクラシーとの関わり(これは複数の研究者による円卓会議)、というプログラムです。

 

昨日のお話の中で興味を抱いた人。メモ。

sciences.ulb.be

この記事を記し終えたら、夕方の講義に備えて昨日聴いたことを復習しておかなければ…。

 

最後の質疑応答の時に、講演者が話されたことが重要だと思った。

2024年現在、陰謀論者たちが Le libre examen というタームを、全く異なった使い方で利用している、と。

だから自分は今回のコンフェランスを企画したのだ、とおっしゃっていた。

陰謀論者って、ほんとにイヤだ。

 

 

 

昨日は何回もミス・ニッポンの話もラジオやTVのニュースで耳にしたわ。

「ミス」のコンクールって、それ自体を私は「バカみたい」と思うので特に関心ないのだけど、それにしても「排他的な国だなあ」と思う…。

 

 

おもしろーいと思ったフォト。

 

Medieval humor. - Abbey of Sainte Foy, Conques, France, c.1050. 

 

 

美しいなあ、と思う。

Le portrait de sa fille Maya par Picasso date de 1943.

 

 

メモ。

www.radiofrance.fr

 

 

うちの子の仲間たち。

このクリップ ↓ の屋内部分はうちの娘たちの家です。

彼女たちには、興味・関心・価値観と趣味の合う仲間たちがいるというのが、私の「明日死んでもいいや」という思いの基盤のひとつだったりする。

何も物質的なことは残してあげない母だからね。

(ああ、でもこの家に引っ越さないことに決めたのは正解だった。バーサンにはこの環境、むり。笑)

www.youtube.com

 

いろいろ

2月1日の黄昏時の空。

毎回思うけど、なんでこんなにキレイなの?

星もひとつ輝いてましたわ。

 

昨日は昼前に所用を済ませ、同じ用事を済ませた友人とブラジル・レストランでランチ。

ここ、昼はビュッフェ、お皿に取ったその重さで料金が決まるのであるが、ちょっとずついろいろ食べると、もうほんとにお腹いっぱいになる。

この日は夕飯不要であった。

 

カメラマンの腕の悪さで、真っ暗に写ったレストラン内部。

 

 

用事を済ませようと目的地に向かう時グランサブロン広場を通ったのであるが、新しくTASCHENの店がオープンしていたことに初めて気づきました。

それだけでも「おっ」と興味を惹かれたところにもってきて、「ニューイヤーセール 最高75%引き」と入り口に記してあるものだから、ついフラフラと入ってしまった…。

最近はマンガ以外本を最後まで読み通すことができなくなっている私、もったいないから本を買うのは控えているので、あれもこれも、これもあれも、全部我慢したのだけど、コレ ↓ だけは、興味ある所だけ開いて読めばいいし・・・と思って買っちゃった。

たとえばこんな感じ。

 

 

 

まだまだ農業従事者の怒りの表明が続いてます。

フランスのアタル首相には、就任後最初の試練って感じでしょうね。

EUサミットの日、2月1日には、ベルギーだけでなく、他のメンバー国も含め、1300台ものトラクターがEU議会そばのルクセンブルグ広場に集結。

ブリュッセルの街は午前中けっこう混乱しました。

前日より、車でブリュッセル入りするのは避けて、と呼びかけられまくっていたので、街中はいつもよりうんと交通量が少なかったと思います。

自動車道のブリュッセル首都圏入り口を、農業従事者にブロックされた、ってことです。

あと、大きなスーパーにも抗議しているので、その倉庫から出るトラックをブロックしてる。

ブロックするのはいいけど、タイヤを燃やしたり、広場の像を壊したりするのはやめてくれ、と思った私。

タイヤを燃やすと、有毒なガスが出そうな気がするのだが…。そんなことないのかな?

 

それぞれのセクターの言い分は、それぞれ「もっとも・・・」なんで、調整はほんとに難しいと思う。

 

フランスは一応自動車道のブロックを止めたとニュースで読みました。

アタルが、農薬使用禁止、というのを引っ込めたのと、南米との自由貿易締結調印をしない、と言ったことで。

農薬禁止を止めるのはイヤだな、と思った。

自由貿易の条約って、南米の農産物を関税なしで輸入し、かわりに自動車等を関税なしで輸出、みたいな条約らしく、EUの指令でいろんな禁止事項や義務事項があるのに、それに縛られない南米のを入れるなんて、という怒りはもっともだと思う。

 

農業国のフランスは怒ってるけど、自動車産業で潤うドイツには悪い条約じゃなかったりもするわけで、メンバー国同士の言い分もいろいろらしい。

でも私は、自動車はなくても生きていけるけど、食べるものがなくなると生きていけないじゃん、と思うので、農業を続けるとタイヘンな目に遭うという理由で農家が減るのは困る、と思うのよねえ。

 

農産物が農家から私のような消費者の手に届くまで、いろんな人がかかわり、そのたびに少しずつ値が上がっているんだけど、スーパーもそれほど大きな利益を得ているわけでなく、そうなると、我々消費者がどのような買い方をするかも、ものすごく重要なことなわけで…。

www.rtbf.be

 

EUコミッションは、アドミ上のめんどくささを軽減することは約束したようです。

 

 

昨日のニュースのひとつ。

www.rtbf.be

ベルギー連邦政府のENABELという機関のビルが、イスラエルの爆撃で完全に破壊されたというんで、外務大臣イスラエル大使を呼び説明を求めました。

大使の答えは「全く背景が分からない、今調査中」

www.enabel.be

 

 

ここ数日、美しいフォトをいっぱい見たので、うちいくつか貼り付けておく。

 

Jean Cocteau por Man Ray

 

これは面白いフォト。

Biennale, Venice, Italy, 1962 - by Alberto Giacometti (1901 - 1966), Swiss.

 

 

おもしろかったので、後で再度視聴しようと思うヴィデオ。

www.arte.tv

 

今朝見て、いいな、と思った。

甥っ子くんの鼻のラインと眉のラインにうっとりしたばーさんである。

Egon Schiele
" Schieles Wife with Her Little Nephew " 1915

 

 

1週間経ったので メモ

前回から1週間経ったので、更新。

 

日がずいぶん長くなってきました。

今は1日に3分ずつ、です。

嬉しい。

今朝の空。8時前には夜明けの気配。

 

 

 

最近のニュースで一番目につくのは、農業従事者による怒りの表明。

www.rtbf.be

何に怒っているかと言えば、こういうこと ↓ 。

Les agriculteurs réclament un revenu décent qui passe par des prix rémunérateurs pour leur production. Ils dénoncent certaines mesures environnementales et la surcharge administrative ainsi que les risques que font peser sur eux la conclusion d'accords de libre-échange comme le traité en cours de négociation entre l'UE et le bloc de pays sud-américains appartenant au Mercosur.  

特に畜産業の話だと私は理解しているんだけど、彼らは、気候問題に対処するための、こうしろ・ああしろ・これはダメ、といったEUからの指令に応えなければいけない上に、アドミ上の書類の処理に追われる、インフレによるコストの増加、収入減、しかも一方でEUは、自由貿易と称して自分たちがクリアしなければならないあらゆる項目をクリアしていない南米の生産物を輸入している、と怒っている。

それらが安く売られるので、自分たちはコストや労働に見合った価格で販売できないわけです。

 

気候問題を理解しない悪者扱いされているのも彼らで、

悪天候に見舞われ、去年は本来は10月に行うべき種蒔きも11月までできなかった。暑すぎる夏や水不足にも苦しめられている。気候変動を最も感じているのは、我々農家の人間だ。」

と、インタビューに答えているのを聞いて、そりゃそうだよね、と思った私です。

 

義父が亡くなった時点で、義父母の家に引っ越すべく持っていた家を売りました。

義父母の家を私たちも暮らせるように改造する期間、農家の隅っこに暮らしていたことがあります。

このときは、牛の出産に立ち会ったり、けっこうおもしろい体験もしました。

ジャン=ポール・ベルモンドにそっくりな農家の主のおじさんが、「ああ、冬はいやだ、春になれば牛たちを外に出してあげられるのに…。暗いし、汚れるし、臭いし…。」と嘆いていたことを思い出したりもした。

生き物相手だから、休みも取れませんしね。

 

あと、今年のEU議会の選挙に向けての報道も多いです。

 

ドレスデンは極右化していることでよく知られている街のひとつですが、そこで反極右のデモもあり、「歴史を見てくれ。他を排斥したことで良いことがあった例はない。」と主催者が訴えていました。

 

 

 

さて、その他いろいろ。

 

いい声ですよねえ。

歌がうまい人、ホントにうらやましい。

www.youtube.com

 

 

Pourquoi les hommes ne portent plus de robes
La robe a aujourd'hui une connotation féminine, et pourtant... pendant longtemps, ce vêtement a aussi été porté par les hommes 
スカートってもともと女性だけのもじゃなかったのに、というはなし。

www.facebook.com

 

歴史に関心の深いブルターニュ出身のジャーナリストが、自身の祖父について調べていた時に見たレジスタントの女の子のフォト、強制連行されるときなのに微笑んでいる、それでこの少女に惹きつけられ調べた、という話。

ナチに対するレジスタント活動で、恋人とともに捕らえられ強制連行され亡くなった少女と、その事実をBDにすることでより多くの人に知ってもらおうと試みた話。

www.facebook.com

 

Tristan Tzara and Jean Cocteau, 1922
Photograph by Man Ray (1890-1976)
Oscar Niemeyer Museum

 

 

It looks like a carpet but it is a mosaic.
Orthodox cemetery of Sainte-Geneviève-des-Bois preserves a splendid and moving work. It is the tomb of the greatest dancer of the 20th century Rudolph Chametovič Nureev, Nureyev for the whole world.
Designed by set designer Ezio Frigerio and created by Studio Akomena of Ravenna, Nureyev's tomb is a mosaic depicting a kilim, a highly prized carpet woven like a tapestry between the Balkans and Pakistan, much loved by the dancer.

こういうフォトもあった。

 

 

Violinist Yehudi Menuhin plays for his new baby daughter. 1939. By Hansel Mieth

 

 

今日はジョヴァンニのパパがアランチーニ(イタリアのライスコロッケ)を作るから食べにおいで、というお誘いを受けてしまった。

揚げ物大好きなコロコロばーちゃんは喜んで行くことに。あはは。

 

明日は「怖いから観たくない」と言ってた是枝さんの「怪物」を観にいってくる。

友人がチケットをプレゼントしてくれたので。

 

世の中にはタイヘンなことがいっぱいだけど、そんな中、のどかに日々を過ごすバーサンである。

ありがたい。